ガーミンのGPSナビ

Garminが選ばれる理由

GPS及び各種センサー応用機器のトップシェアを誇るGARMIN(ガーミン)の正規代理店いいよねっとGarmin は、革新性、利便性、性能、価値そしてサービスを原則として設立されました。共同創立者Gary Burrell氏およびMin Kao博士は、カンザス州オレーセの本社ロビーに当社の革新的な製品を展示しています。

1989年にトランプ用テーブルを囲んだ一握りの技術者たちのブレーンストーミングセッションとして始まったものは、世界中で数千もの共に働く仲間たちの共同努力 へと発展しました。Garminは当時から変わらずシンプルに、お客様の生活を豊かにすることができるナビゲーションおよび通信デバイスを作ることを目標としています。当社の革新的な製品は、自動車、航空機、船舶、フィットネス、アウトドアレクリエーションおよび無線アプリケーションを含め、多岐な分野にわたっています。今日、Garminは事実上世界の各地域に多様な製品ラインと販売店を展開しています。当社はすでに数百万台のGPS 受信機を製造し、販売してきました。

当社の短期的な成功は、様々な市場向けの革新的な製品開発に起因していますが、長期的な成功は、販売後にお客様をサポートするという当社のコミットメントに基づいています。高品質の製品、大きな価値、そして優れたサービスで新しいお客様を獲得し、これらお客様に長年にわたってGarminの忠実なサポーターとなっていただくために努力しています。

「垂直統合」の力

Garminの好況は、製品の設計、製造、市場展開、販売をすべて自ら行う、垂直統合から生まれる強調的な環境を誇りとしていることに基づいています。製品に関するあらゆる会話の中で、技術者、設計者、製品試験担当者、アーティスト、ライターおよび販売員らが皆、彼らの考えを共有していることに気づくでしょう。

革新性への投資はGarminの成功の中心を成しています。1989 年に一握りであった従業員は、そのちょうど10年後に1,000人の労働力に成長しました。その数は4年で2倍になり、2006 年までに4,000 人を上回りました。2007年には、Garminの全世界の従業員数は8,000人に達し、ヨーロッパとアジアにおける拡張の中でその勢いに衰えは見られません。

世界とのつながり

当社はお客様を念頭において設計を行っています。ナビゲーションや旅のストレスを回避することは、使いやすいメニュー、論理的なオプション、そして直感的な機能から始まります。

  • 自動車向け製品は、運転者が旅を最大限に楽しみながら楽に目的地に到達するための手助けをします。
  • 航海用製品は、重要データを提供し、チャートをより詳細に補足します。
  • 航空技術はパイロットが必要とするすべてを一目で分かるように提供します。
  • フィットネス装置は、トレーニングの各ステップをより効率的にします。
  • アウトドアレクリエーションオプションは、ハイカー、キャンパーおよびジオキャッシャー向けです。
  • 無線アプリケーションは、GPS のパワーをお使いのスマートフォンで利用できるようにします。

レンタカーや販売店で、初めてGarminを利用するユーザは、コンパクトなポータブルユニットに詰め込むことができる情報の豊富さにすぐ気付くはずです。

Garminの理念

Garminは単に製品を設計・販売するのではなく、ライフスタイルを包括的に捉えています。航空機から船舶、自動車からフィットネス、無線ソリューションからアウト ドアレクリエーションまで、Garminの従業員たちは、空中に、水上に、森の中に、ハンドルの後ろに、あらゆるところに考えを巡らし、適応かつ改善する方法を考えています。Garminで次のすばらしいアイデアがどのように生まれるかを予測することはできないでしょう。ただしご存知のとおり、それはすぐそこまで来ているのです。

いいよねっとについて

株式会社いいよねっとは米国Garmin(ガーミン)の正規ディーラーです
直販サイトいいよねっとオンラインストアではエンドユーザー様向け通販もおこなっております
株式会社いいよねっと会社概要



いいよねっとユーザー登録:携帯用ハンディGPSナビゲーターのトップシェアを誇るGARMIN(ガーミン)の正規代理店いいよねっと メールマガジン登録:携帯用ハンディGPSナビゲーターのトップシェアを誇るGARMIN(ガーミン)の正規代理店いいよねっと ガーミンお取扱い店舗:携帯用ハンディGPSナビゲーターのトップシェアを誇るGARMIN(ガーミン)の正規代理店いいよねっと シクロワイアードに連載中の「ガーミンを使いこなす」 Responseによるガーミン製品特別編集記事 Responseによるガーミン製品特別編集記事